1. ホーム
  2. iPhone6s/6s Plus 最新情報
  3. ≫iPhone6s/6s Plusのストレージ容量に32GBは無いと思う2つの理由

iPhone6s/6s Plusのストレージ容量に32GBは無いと思う2つの理由

2015年の新型iPhone6sの正式発表前ですが、ストレージ容量は予約前に決めておかなければいけない項目の一つのため注目すべき点だと思います。
しかも次期iPhone6sでは最小容量が従来の16GBが無くなって32GBになるという【噂】がありますが個人的には『それは無いんじゃないの?』と懐疑的におもっておりまして最小容量は16GBのままではないかと思っています。

ここでは16GB存続論の2つの理由を述べたいと思います。

iOS8の容量肥大は解消されている

16GB廃止説の理由としてはiOS8のリリース当初は容量が大きくて【必要な空き容量が4GB以上】となっているためiPhone6と6+の16GBでは実際に使える容量は12GB前後ほどとなってしまうことが発端でした。

アメリカではiPhoneユーザーが必要なストレージ容量を事前に知らせないことなどを不服として訴訟を起こす騒ぎまでに発展しました。

しかしiOS8.1.3リリース時点で【必要な空き容量は1.1GB以上】と大幅に必要容量が削減されて、しかも次期iPhone6sに搭載されるiOS9は8よりも軽くなるというのですからこの時点で32GBに増やす必要が無くなっています。

16GBでは心細いが64GBは多すぎ

多くの人はiPhone6のストレージ容量を選ぶ時に16GBか64GBのどちらにするか迷うと思います。
128GBもの大容量を必要とする人は相当な写真や音楽、ゲームアプリなどをストックし、かつ動画撮影も頻繁でおまけに面倒くさがり屋でiCloudやPCへのバックアップを怠りがちな方くらいなものです。(ちょっと言い過ぎかも)
そのため一般的な使い方をする人にとっては128GBは選択肢外なのです。しかも機種代金も16GBに比べると22,000円以上も割高となります。

そのためユーザーは16GBか64GBのどちらが自分に適しているのか?という問題に悩むのです。

16GBという容量は写真や音楽・アプリを使うだけならそこそこの数量をストックすることも出来るけど、動画を大量に撮って保存しておくには確実に容量不足となる容量です。

もしあなたのiPhoneの使い方が電話やメール・LINEなどの連絡がメインでゲームなんかもやらないし、写真は撮っても動画はそれほど撮らないというなら16GBでも問題無いはずです。

しかし人気のゲームはとりあえずインストールして音楽も楽しんでるし写真もそこそこ撮る。
しかも家族で出かけた時に赤ちゃんや子供の遊んでいる様子を動画でバシバシ撮影しちゃうようなママやパパさんだと16GBでは役不足となるでしょう。

そのためこの辺りのユーザーは『余裕を持って64GBにしておくか。』
という理由で64GBを選ぶわけですが、ここで32GBが出てくるとどうなるのかというと・・・

写真や動画はiCloudやパソコンにバックアップしながら使えば32GBでも問題無いんじゃない?
という考えが湧いてきます。

さらに最小容量機種はどのキャリアも【実質機種代金0円】などの施策を実施してくるでしょうから益々32GBが大人気となるのは明白、その結果64GBを選ぶユーザーが減ってしまうことで売上額も目減りしてしまう結果が懸念されるのです。

このように考えると32GB機種の登場はアップルや公式キャリア側からするとほとんどメリットが無いように思えるのです。

これはあくまでもわたし個人の予想なのでどうなるか分かりませんがあなたはどう思いますか?
あと1ヶ月もしないうちにiPhone6sの正式発表となりますので少しだけドキドキしながら待ちたいと思います。

ご拝読ありがとうございました!

スポンサーリンク

iPhoneオンライン予約購入はこちら

【SoftBank・ドコモ・au】公式オンラインショップ
iPhone予約・購入ページへリンクしております
iPhone予約ソフトバンク iPhone予約ドコモ iPhone予約au

3キャリアともオンラインショップにてiPhoneの新規・MNP乗り換え・機種変更での予約・購入が簡単に出来ます!

iPhone X 予約