1. ホーム
  2. 格安SIM・格安スマホ
  3. ≫LINEモバイルの特徴と料金プランの選び方!個人的には親に持たせたい!

LINEモバイルの特徴と料金プランの選び方!個人的には親に持たせたい!

lineモバイル
iPhone6s Plusを主にデータ用端末で使うべく、どの格安SIMにするか検討中なのですが、色々調べてきてLINEモバイルのSIMがなかなか有力な候補になりました。

ここではLINEモバイルの特徴と料金プランの選び方などを分かりやすいまとめてみましたので検討中の方は参考にしてみてください。

LINEモバイル 公式サイトはこちら

LINEモバイルのチェックポイント

LINEモバイルは言わずと知れたLINEアプリが提供する格安SIMと格安スマホです。
回線はNTTドコモ、ユーザーサポート業務はOCNモバイルと同じNTTコミュニケーションズです。

LINEモバイルの大きな特徴

LINEモバイルは、LINEを筆頭にツイッター、フェイスブック、インスタグラムといったSNSの利用時のデータをカウントしないということです。(料金プランで異なります)

分かりやすく言うと、月間データ使用量を使い切ったとしても、上記のSNSは快適なまま利用できるということです。

LINEモバイルの料金プラン

LINEモバイルの料金プランは2種類5タイプあって、データ容量が4種類用意されています。

LINEフリープラン 使い方で選べる3タイプ
データ1GB+LINEアプリの通話とトークが使い放題で500円から利用可!
※データ容量は1GBのみで増やせません

  • データのみ 500円/月
  • データ+SMS追加 500円 +120円 = 620円/月
  • データ+音声とSMS追加 500円 +700円 = 1,200円/月

LINEコミュニケーションフリープラン 使い方で選べる2タイプ&容量4種類
LINE、Twitter、Facebook、Instagramがカウントフリーの使い放題!

  • 【3GB】データ+SMS 1,110円/月
  • 【5GB】データ+SMS 1,640円/月
  • 【7GB】データ+SMS 2,300円/月
  • 【10GB】データ+SMS 2,640円/月
  • 【3GB】データ+SMS +音声580円 = 1,690円/月
  • 【5GB】データ+SMS +音声580円 = 2,220円/月
  • 【7GB】データ+SMS +音声580円 = 2,780円/月
  • 【10GB】データ+SMS +音声580円 = 3,220円/月

補足事項
・音声通話料金は20円/30秒
・月額データ通信容量が無くなると最大200kbpsの通信速度に制限
・データ量は0.5GB(500円)、1GB(1,000円)、3GB(3,000円)の追加購入が可能
・ご利用開始月は無料

解約金
・データプランは解約金無料(1ヶ月目で解約の場合は1ヶ月分請求)
・音声プランは12ヶ月目末日前に解約(転出)すると解約金9,800円(税抜)が発生

LINEモバイルの申し込みに必要なもの

  • 本人確認書類
  • 本人名義のクレジットカード、またはLINE Pay(クレジットカード登録要)
  • メールアドレス(PCメール、フリーメール可)
  • 登録事務手数料3,000円

契約条件
端末は一括購入
申し込みは18歳以上からOK、ただし18~19歳は親権者の同意が必要
法人は申込み不可

LINEモバイル 公式サイトはこちら

LINEモバイルのメリットとデメリット

LINEモバイルの特徴などをまとめてみましたがいかがでしょう?
どこに注目したらいいのかとか、他社と比較してどうなのか?
ということが気になると思います。

料金は安いの?
まず、LINEモバイルの料金は格安SIMとしては、業界最安値の楽天モバイルと比較すると各料金プラン平均して100円前後高い料金になっています。
しかし、安さという点では上位のコストパフォーマンスはクリアしていると言えます。

100円も高い!と感じる人にとってはデメリットかもしれませんが、安い部類といっても過言ではないというところでしょう。

LINEモバイルのコミュニケーションフリープランの料金プランは、通話なしを選ぼうとするとデータのみの設定が無いため(SMSが着いてしまう)、データ通信だけを使いたい人には向いていません。
その他、格安SIMとしてはこれと言ってデメリットといい切れる項目は無いように感じます。

スマホ本体購入はデメリットかも?
デメリットと感じるのはLINEモバイルの端末を購入する場合に限りますが、一括支払いしかないという点です。
1万円台の機種もありますが、2~3万円の機種を一括購入となるとためらってしまいますね。
正直言うとLINEモバイルの機種ラインナップはあまり魅力的とはいえないので、格安SIMとして利用するのが良いように思います。

お下がりスマホに使うのもおすすめかも
LINEモバイルのスマホ本体は使わないと考えると、SIMを買い替え時の古いスマホに挿して、子供や親用にするという使い方がいい感じです。
LINEモバイルの公式ページでも子供に持たせることを想定していますしね。

スマホを連絡用として割り切り、連絡手段をLINEだけにするとすれば、月額500円で済むのは親としてはありがたいですね。
インターネットの閲覧制限も出来るし、利用状況も管理画面からなら出来ますから。

自分の親に使ってもらう時も、今まで使っていた機種なら使い方も説明できるのがいいですね。
スマホの使い方を説明しても高齢の親だとチンプンカンプンなこともあり、喧嘩になるケースはよくあることですからね(´・ω・`)

自分の親との連絡用にいいかも!
わたし個人としては未だにガラケーを使っている母親用にLINEモバイルを使いたいと思いました。
子供の(わたしの親にとっては孫)の写真や動画を送って見せてあげたいのですが、iPhoneの写真は容量が大きすぎてガラケーでは受信出来ないんですね。当然動画も見れません。

動画はYou Tubeにアップして見せてあげようとしましたがどうにも観られないということで断念しました。

写真も一々パソコンに入れて画像ソフトで幅240pxに縮小して、それをiPhoneに戻してメール添付して送らなければいけないのは非常に面倒で疎かにしてしまっています。
(iPhone本体で画像を縮小する方法は調べていません)

同じiPhoneにLINEモバイルのSIMを入れて連絡は全てLINEにすれば写真や動画もそのまま観られるし、無料通話もできますからね。
しかし、母曰く
『今のガラケーに慣れてるからまた新しい携帯電話を覚えるのは無理!』
と言ってきいてくれません。逆にお願いだからこのままで・・・
と切願されてしまったので無理に変えるのも可哀想で・・・

話が逸れましたが、LINEモバイルは自分使い用ですと他社と比べてずば抜けたポイントはありませんが割高な格安SIMではないので選択肢には入れていい感じています。

上記のような子供や高齢の親用に使いたい人におすすめと言えますし、
もちろん3キャリアからのMNPで乗り換えるのも充分メリットがあるはずです。

LINEモバイル