1. ホーム
  2. ≫初めてのiPhone予約・新規購入ガイド/2016年-iPhone7の参考に

初めてのiPhone予約・新規購入ガイド/2016年-iPhone7の参考に

初めてのiPhone予約購入

初めてiPhoneを予約または購入しようとしているあなた!
それはきっととってもナイスな選択だと思います、たぶん。。。

このページでは初めてiPhoneを予約・購入しようとしている方向けに、iPhoneの発売までのスケジュールや予約の重要性、ネット上での盛り上がりの理由などを解説しています。
2015年のiPhone6sの新規購入で説明しておりますが、2016年iPhone7の予約の参考にもなるかと思います。

初めて『iPhoneを買おうかな?』と思っている方向けの内容なので少々説明が長いので予約方法や購入準備を知りたい方はリストの3番以降にお進みください。

  1. 新作iPhoneリリース前の楽しみ方
  2. 新作iPhoneの予約の重要性
  3. iPhoneの機種や容量の選び方
  4. 予約前の準備と素早く予約する方法
  5. 予約完了から購入・iPhone受け取りの流れ

新作iPhoneリリース前の楽しみ方

新型iPhone発売スケジュール

iPhoneは毎年新型機種がリリースされていて発売開始までのスケジュールも下記のような流れが恒例になっています。

  1. アップル社による新製品発表イベント
  2. イベント数日後にiPhone予約開始
  3. 約2週間後(iPhone6sの場合)に発売開始

ここ数年は毎年9月上旬の火曜日~水曜日あたりに世界中のメディアを招待しての大規模な新製品発表イベントが開催され、イベント開催の週末金曜日午後4時に新作iPhoneの予約受付が開始、翌週末の朝8時から販売開始というのが今までの流れでした。

2015年iPhone6s/6s Plusの場合は9/12(土)午後4:01から予約開始で2週間後の9/25(金)8:00から発売開始でした。

iPhoneのバージョンアップのパターン

iPhoneは2年毎にデザインの変更を伴う大きなバージョンアップが行われ、その度に末尾の数字が変わってきました。

iPhone4 ⇒2年後⇒ iPhone5 ⇒2年後⇒ iPhone6 ⇒2年後⇒ iPhone7?

そして新作発売の1年後にはデザインはそのままで諸機能を強化するようなマイナーチェンジが施され、数字の後に『 s 』が付くのがパターンとなっています。
つまりiPhoneの名称の変化はこんな流れです。

iPhone4s ⇒ iPhone5⇒ iPhone5s ⇒ iPhone6 ⇒ iPhone6s ⇒ iPhone7?

新作iPhoneの発売前は噂やリーク情報が飛び交う

アメリカや香港などにあるiPhone情報サイトからは新作がリリースされて間もない次期(リリース1ヶ月後とか)から次の新作iPhoneに関する噂の記事やコンセプト画像、動画などがアップされます。

『iPhone7では搭載されなかったあの機能は次期iPhone7sに持ち越しか?』
のような記事とか・・・

中には作者の理想や期待が盛り込まれた内容のことも多いのですが、画像にしても動画にしてもそのクオリティの高さは本物?と思ってしまうものもあります。

次期iPhoneのスペックや新機能の噂話は発売時期の半年前の春頃から本格化し、月を追う毎に具体的な噂話から信頼できる情報筋からのリーク情報が話題となります。

iPhoneの組み付けは発売時期の約3ヶ月前から始まると言われていて(9月発売なら6月から組み付け開始)、7月から8月のお盆時期の期間に新型iPhoneの内部パーツなどのリーク画像が多数アップされるようになります。この時期のリーク画像や情報はほぼ実際のパーツや機能である可能性が非常に高いです。

このようにiPhoneは期待を込めた新機能の噂話を楽しみつつ、リーク情報で想像を膨らませながら9月上旬のアップルの新製品発表イベントに挑むことで、あのリーク情報はガセだったとか本物だったとかワイワイ盛り上がることが出来るのです。

新作iPhoneの予約の重要性

2015年アップルストアは発売日の購入は予約のみ!

アップストアでは2015年のiPhone6sの発売から、発売日当日に購入できるのはオンライン予約した方だけというシステムになりました。

つまり、シムフリーの新型iPhoneをApple Storeで発売日当日に買うにはインターネットでの事前予約が絶対に必要ということです。

発売日以降は店舗に在庫があればその場で購入も出来ますが、発売日からの数週間は事前予約分が足りない状況なので店舗在庫はほとんどありませんでした。
在庫が出始めたのは不人気機種からで、ローズゴールドの64GBは11月くらいまで在庫は不足気味だったようです。

新型iPhoneの予約は各キャリアの店舗や家電量販店などでも出来ますが、オンラインショップでの予約の方がお店に行く必要もなく便利だし予約手続きが早く済みます。
予約完了時点では正式購入では無いですし、購入しなくてもキャンセル料は発生しません。

なお、オンラインショップで新規購入した場合の料金の支払方法は、docomoはクレジットカードと口座振替が選べますがauとソフトバンクはクレジットカードのみの取り扱いになるのでご注意ください。

新型iPhoneをすぐ欲しいなら予約は必須

新作iPhoneはネット上で上記のように1年をかけてプロモーションしているようなもので、9月上旬の発表イベントは日本のメディアも多数招待されてるためイベント後は新型iPhoneの話題でもちきりになり正に『新型iPhone祭り』のようです。

Yahooニュースなどでも新型iPhoneの予約がいつ始まるとか、ドコモ、au、ソフトバンクのキャンペーンの話題や端末価格がいくらとか、この時期はiPhone関係の話題に事欠くことがありません。
そのような状況なので既にiPhone持っている人はもちろんのこと、買い替え時期の人もiPhoneの予約に関心を高めますから予約開始と同時に膨大なアクセスがオンライン予約ページに殺到します。

その結果、予約開始時刻から数分で何千件もの予約が入るため、1分違うだけで予約完了の順番が遅れてしまいます。
予約したiPhoneの確保は予約順で割り振られるので予約が遅いとそれだけ【本申込みの案内】も遅くなりますし、運悪く初回入荷分から溢れると次回入荷まで待たされることになります。

従って新型iPhoneを発売日当日や発売日から出来るだけ早く入手したいと考えるなら予約開始時刻直後に出来るだけ早く予約手続きを完了しなければいけません。
1ヶ月先でも問題無いというなら構いませんが、いざ発売されると早く欲しくなるのが人情ですから新型iphoneの購入を決めているなら予約開始日当日か数日のうちには予約完了しておいたほうが後悔しないと思います。

iPhoneの機種や容量の選び方

小さいiPhone6sと大きいiPhone6s Plusのどちらを選ぶ?

iPhone6sの画面サイズは4.7インチ、iPhone6s Plusの画面サイズは5.5インチです。
iPhone6s Plusの本体の大きさは1万円札や5千円札とほぼ同じなのでお札を手に持ってみるとそのサイズ感が分かるはずです。

どちらのサイズにするか決めるのは普段どのように持ち歩くのかというのがポイントになります。
はっきり言ってPlusの大きさでは胸ポケットに入れるのは重いし邪魔に感じるはずです。携帯性が悪いので仕事中もスマホを持ち歩くような使い方をする方にはPlusは不向きです。

iPhone6S Plusを選んでも大丈夫な人はこんな人?

  • 持ち歩く時はバッグなどに入れる
  • 電話は発信がメイン、着信は少ない(淋しい)
  • スマホというよりタブレット的に使いたい
  • カメラの手ブレ補正機能が最優先
  • ゲームやSNS・ネット閲覧がメイン
  • スマホは大きくても問題無し!と言い切れる人

iPhone6sとPlusの大きさ以外での実用的な主な違いは、Plusにはカメラの光学手ブレ補正機能があり、バッテリーの持ち時間が長いことくらいです。
これらのことを参考に自分の使い方を考えて選んでいただければと思います。

色は何色を選ぶ?

iPhoneのカラーはiPhone6sからローズゴールドが新色として加わり、従来のスペースグレイ、シルバー、ゴールドの4色のラインナップになりました。選択肢が増えて迷いそうですけど色選びは自分の好きな色を選ぶのが1番です。
ローズゴールドは女性向けともいえる色ですが、新色ということで男性の購入も少なくないようです。当然新色は人気なので予約も集中しているので発売後しばらくは品薄状態が続くと思われます。

色に拘らなければ販売開始直後にすぐに購入するのを最優先して不人気色(シルバーやスペースグレイ)を選ぶという考えもあります。
また、買い取り店に売る考えがあるなら人気色の方が高値になる可能性はあります。

iPhone6sのストレージ容量はどれを選ぶ?

iPhoneのストレージ容量は16GB/64GB/128GBの3タイプあります。
ストレージ容量が多いほどiPhoneの中に写真や動画、音楽、アプリなどをたくさん保存しておけます。
iPhoneはAndroid機種のようにSDカードが使えないため途中から容量を増やすことが出来ないので容量選びは自分の使い方を考慮する必要があります。

選び方のポイントは写真や動画、音楽、アプリなどをどれだけ保存したりインストールするのかということです。
特にiPhone6sからは『Live Photos』や『4K動画撮影』といった容量の大きいデータを扱うことが増えるでしょうからストレージ容量が16GBでは足りなくなる恐れがありますので64GB以上で考えたほうがいいでしょう。

写真や動画はあまり撮らないし、使うのは通話やメール、SNS、WEB閲覧がメインという方なら16GBモデルがおすすめです。

予約前の準備と素早く予約する方法

新型iPhoneの予約は1分1秒を争う事態(発売日すぐに欲しいなら)というのはお伝えしました。
そこで出来るだけスムーズに予約手続きをするための準備と方法をご紹介します。

新型iPhone6s予約前準備

予約する公式キャリアを決める

キャリア選びは細かいことを比較すると大変なのですが、端末代金や一般的料金プランの金額面では最終的には公式3社で大きな違いは無くなる状況ですので、家族割や自宅のインターネット回線との割り引きが適用になるか?などといった条件も考慮しましょう。
通信速度の面ではiPhone6sの対応帯域が増えたことでドコモが最速となりそうです。


iPhone6sのモデル・容量・カラーを決める

iPhone6sの予約申し込み時には6Sか6sPlusのモデルとストレージ容量、そして本体カラーを選択して申し込みするので上記の【iPhoneの機種や容量の選び方】を参考にして決めておきましょう。


個人情報はコピペ準備また辞書登録する

新規購入の場合は予約フォームに氏名・住所・電話番号・メールアドレスなどを記載しなければいけませんからこれらの個人情報をコピペし易いように準備したり辞書登録しておくと入力時間を短縮できます。
スマホで予約する場合は変換候補にすぐに出てくるように入力項目は事前に入力しておきましょう。
ドコモは予約時にdocomo IDが必要なので事前に登録しておきましょう。ドコモユーザー以外でも登録は可能です。

予約完了から購入・iPhone受け取りの流れ

予約受付が完了したら商品の在庫確保をお知らせする【本申込み案内メール】(キャリアによってタイトルは異なります)が送られてくるのを待ちます。
本申込みに必要なのは以下のとおりです。

正式購入手続前の準備

料金プランを決める

料金プランは通話が多いとか、動画視聴が多いなどiPhoneの使い方によって適したプランが異なります。通話が多いなら従来の料金プランがいいですし、動画視聴など使用データ量が多いならデータ定額プランがおすすめです。
データ定額プランは毎月翌月分のプランを変更できるので、後からでも利用状況を見ながら調整ができます。まずは1~2ヶ月使ってみて平均的な使用データ量を自分が把握することから始めましょう。


本人確認書類

新規購入の際は本申込み時に本人確認のための書類(運転免許証・パスポート・健康保険証など)が必要になります。本人確認書類の送付方法はデータアップロード、メール添付、FAX送信などがありますが、データアップロードが1番早く手続きが済みます。
あらかじめ本人確認書類をカラー撮影して保存しておきましょう。


クレジットカード情報

公式オンラインショップで商品を購入して【自宅受け取り】にした場合の料金の支払いはauとSoftBankはクレジットカード決済のみ、docomoはクレジットカードと銀行口座振替が選べます。(事前にdocomoIDに登録して銀行口座設定が必要です)
クレジットカード決済にするとカードのポイントも貯まりやすいので公式キャリア系列のクレジットカードやプリペイド式クレカで支払うと獲得ポイント分が節約できます。

オンライン予約したiPhoneの受け取り方法

オンライン予約した商品の受け取り方法には【自宅受け取り】と【店舗受取り】がありますが、iPhoneを早く使いたいなら【自宅受け取り】がおススメです。

【店舗受け取り】は店に行くのに休みの日や仕事帰りなど都合をつけなければいけませんし、問題なのはお店での続きまでの待ち時間です。
新型iPhone発売後はどのキャリアの店舗も通常より混み合いますから休日の待ち時間はディズニーランドの人気アトラクション並のお店も・・・
仕事帰りでは受付が間に合わないとか帰宅が遅くなりますし、休日だと受付待ちで半日つぶれますね。
さらにお店での手続きでは自分には持て余しそうな料金プランや余計なオプションを勧められたりすることもありますが、【自宅受け取り】ならそのような時間の浪費も受付でのわずらわしさもありません。

【自宅受け取り】だとシムの挿入や開通手続きを自分で行わなければいけないので躊躇する方もいるかもしれませんが公式サイトには分かりやすい説明がありますし、実際にやってみると難しいことはありません。

ここは是非ともご自身でiPhoneの最初の電源をONにする儀式を体験されてみてはいかがでしょうか。

オンライン予約した商品の受け取り方法は各社で違いがあるでご注意ください。

  機種変更 新規・MNP乗換え
ソフトバンク 【自宅受け取り】
【店舗受け取り】
自宅以外の指定場所もOK!
【自宅受け取り】
【店舗受け取り】
いずれか選択可能
ドコモ 【自宅受け取り】
【ドコモショップ受取り】
【コンビニ受け取り】
いずれか選択可能
【自宅受け取り】
【ドコモショップ受取り】
いずれか選択可能
au 【自宅受け取り】
【auショップ受取り】
いずれか選択可能
【自宅受け取り】
【auショップ受取り】※
いずれか選択可能

※au OnlineShop(au公式サイトとは異なる通販サイト)で予約購入した商品は【新規&MNP】は【自宅受け取り】だけの対応になります。au公式サイトのWEB予約ページから【店舗受取り】を選択すれば【新規&MNP】の方もauショップでの受け取りは可能です。

おわりに
ここまでお読みくださってありがとうございます。
初めてiPhoneをオンライン通販で予約したり購入するにあたって不安や疑問は解消されましたでしょうか?

iPhoneって性能や機能がスマートフォンの中で断トツに高性能ではありませんがどうしてこれほど人気なのでしょうか?

iPhoneはデザインも操作性もとてもシンプルです。
シンプルが故に感覚的、視覚的にも分かりやすい操作性と表現力が必要で、それを実現するために人間の行動や感覚をじっくり研究した結果がiPhoneの随所に盛り込まれ、丁寧に作り込むこだわりを感じます。
そして、『これ、ちょっといい感じでしょ、どお?』
と少しだけ先回りしているようにも感じるのです。

ちょっと褒めすぎかもしれないけど、よかったらあなたも最新のiPhoneを手にしてみてください!


iPhoneオンライン予約購入はこちら

【SoftBank・ドコモ・au】公式オンラインショップ
iPhone予約・購入ページへリンクしております
iPhone予約ソフトバンク iPhone予約ドコモ iPhone予約au

3キャリアともオンラインショップにてiPhoneの新規・MNP乗り換え・機種変更での予約・購入が簡単に出来ます!

iPhone X 予約